ベッド・ソファのインテリアで快適な生活を

生活をする上で

seikatu

人が生活をしていく上で欠かすことが出来ない空間、それは家であります。家は、雨や風を防ぐことが出来るので、快適・安全に食事をしたり、睡眠をすることが出来るのです。しかし、家の役割はそれだけではありません。テレビを見たり、本を読んだりと、リラックスをする空間でもあります。リラックスが出来る家であるかどうかというのは、インテリアによって決まると言っても過言ではありません。

インテリアは、日本語で家具のことを指します。しかし、インテリアは、テーブルやベッド・ソファなどの家具だけでなく、カーペットや壁紙・カーテンのことも指します。家という空間を作る全てのものがインテリアと言われるのです。家を過ごしやすく、快適な空間にする為には、インテリア選びが大切です。

ポイント

家を快適な空間にする為にインテリアは必要不可欠です。しかし、ただインテリアを揃えれば良いと言うわけでは無く、快適な空間を作る為にはポイントを抑えてインテリアを選ぶ必要があります。

・空間
インテリアを選ぶ際には、部屋の大きさを考えて選ぶ必要があります。バランスが悪くなってしまうと、心地良い空間を作ることができません。

・機能
インテリアには、それぞれに機能があります。カーテンであれば、陽の光が差し込むのを防いでくれます。このように、機能が果たせているものなのか、考えて選ぶようにしましょう。

・安全
空間、機能で選ぶということもとても大切ですが、快適に過ごす為には安全性にも配慮する必要があります。照明であれば、頭や体をぶつけることが無いか、ヒーターであれば、子供が触ってヤケドをすることがないかきちんと考えましょう。

インテリア選びをする際には様々なことに気をつけて選ぶ必要があります。また、イニシャルコスト(初期費用)やランニングコスト(電気代・ガス代)にも考慮する必要があります。

様々なスタイル

style

インテリアは、ただ購入をするというだけでなく、コーディネートをするということも大切です。配置によって、部屋のイメージは大きく異なりますし、使い勝手が良くなることもあれば、悪くなってしまうこともあります。そこで、インテリアを購入する前には、部屋のスタイルを考えてから購入する必要があります。

部屋の雰囲気を大きく分類すると、「伝統的」と「現代的」なものがあります。

伝統的なものには、クラシックやエレガントなどのスタイルがあります。クラシックは、ヨーロッパの古典様式を取り入れたもので、ルネッサンスやロココなどの時代からヨーロッパの貴族を中心に親しまれているものです。木製のものが多く、重厚があり気品が高いとされています。焦げ茶や黒など落ち着きのあるダークカラーが基本となります。エレガントとは、上品という意味があり、こちらもクラシック調と同じくルネッサンスやロココなどの時代からヨーロッパの貴族を中心に親しまれています。白など清潔感のあるカラーが基本です。

現代的なものには、モダンやカジュアルなどのスタイルがあります。モダンには現代的や近代的という意味があります。20世紀初頭に家具が工業化されることで、一般的に広がりました。ガラスをそのまま使用したものや、無機質な素材を使って作られたものが多いのが特徴です。白や黒など、モノトーンカラーが基本となります。カジュアルは、現代で最も多く取り入れられているスタイルです。シンプルやナチュラルなデザインのものが多いです。木製でもダークなものでなく、天然素材を使用しているものが多く、優しい雰囲気です。